News Blog 協会からのお知らせ

2021年05月17日

「梅雨」のお話

近畿地方では1951年の統計開始以来最も早い梅雨入りが発表されましたね。

梅雨は情緒があって素敵ですが、何かと体調を崩しやすい季節です。

梅雨に体の不調を感じやすくなるのは、主に低気圧、高湿度、寒暖差が原因のことが多いです。

低気圧で副交感神経優位となり、だるさを感じたり、やる気が出なくなってしまうのです。
また、低気圧が続くと「ヒスタミン」が分泌され、肩こりや頭痛が起こることもあります。

湿度が高いことによって、身体の代謝が落ちやすくなります。体内の余分な水分によって、むくみやすくなり、だるさや、下痢、便秘、食欲不振、消化不良を引き起こすこともあります。

朝晩で気温差があったり、夏かと思うような暑い日もあれば、雨で肌寒い日もあって、この寒暖差が身体にストレスを与えます。

憂鬱な天気の日が多い梅雨期は、規則正しい生活とこまめな体温調節、ストレスを解消することで体調不良のリスクを減らしていきたいですね。

日頃の疲れを溜め込まずに、身体のケアとしてもZERO-G TOUCH®施術がオススメです。

皆様の毎日が健やかに過ごせますように。

関連記事