News Blog 協会からのお知らせ

2021年06月08日

【自律神経と姿勢の関係】のお話



季節の変わり目は体調を崩しやすいですね。

肌寒いと思っていたら 今度は晴天が続いて夏日になり… これでは身体もついていきませんよね。

頭痛がする、古傷が痛む、倦怠感が続く…。
この時期 様々な不調を感じやすい原因と考えられるひとつが自律神経の乱れです。

自律神経は、背骨の脊髄を通って体温、心拍、血圧などを調整し、一定に保つ働きをしています。姿勢が悪く背骨がゆがむと、自律神経の信号伝達がうまくいかなくなります。

季節の変わり目は、自律神経が活発に働かなければいけないのに、精神的なストレスや環境的ストレス、姿勢の悪さでさらに頭痛、動悸、めまいなどさまざまな症状につながりやすくなります。

骨格のゆがみが原因の場合は、姿勢を正すことで、頭痛、首・肩こり、全身倦怠感、不眠、眼精疲労、動悸、胃の不調などの症状が軽減される可能性が高いです。

骨格のゆがみをなくすには、ZERO-G TOUCH®施術がオススメです。

ZERO-G TOUCH®施術は痛みを伴わない手技で3秒で筋肉をゆるめ骨格のゆがみをなくしていきます。

皆様の毎日が健やかに過ごせますように。

ZERO-G TOUCH®施術で共に一歩前進!

※ZERO-G TOUCH®のセミナーのご紹介はコチラ

ZERO-G TOUCH®のセミナーのご紹介 | 国際ZERO-G TOUCH協会 (i-zero-g-touch-a.com)

※ZERO-G TOUCH®のセミナーの開催情報はコチラ

ZERO-G TOUCH®セミナー一覧 | 国際ZERO-G TOUCH協会 (i-zero-g-touch-a.com)

関連記事

【立冬】のお話
身体のバランスチェック
2022年スタート!
「梅雨」のお話
【体がコリ固まっていませんか】
花粉対策